▼「新型コロナウイルス」に便乗した詐欺に注意しましょう!

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中,この混乱につけ込んだ悪質商法等に関する相談が全国で寄せられているようです。
 みんなで共有し,被害に遭わないよう注意しましょう!
 
●国民生活センターに寄せられた事例
 (事例@)マスクの品薄が続いていることにつけ込み,「マスク
    が購入できる」,「マスクが買えるサイトがある」などと
    メールや広告で関心を惹き,不審な通販サイトに誘導し
    てクレジットカード番号などを入力させる手口です。
  → 内容を鵜呑みにせず,不審な点はないか慎重に確認を!

 (事例A)「○○市コロナ対策室です。新型コロナウイルスの関係で助成金を配布するので,
    キャッシュカード番号か口座番号を教えてほしい」などと公的機関の職員等になりす
    まして,個人情報や口座番号を入手する手口です。
  → 怪しい電話はすぐに切り,口座情報や暗証番号を伝えないようにしましょう!

 (事例B)「新型コロナウイルスが水道水に混ざっている」,「行政から委託を受けて,消毒に
    回っている。」などといって住所を聞き出し,費用などの名目で現金等を騙し取ろう
    とする手口です。
  → いわゆる「アポ電」の可能性が考えられます。安易に住所などを教えないよう
   にしましょう!


 詳しい内容やその他の手口,最新情報は国民生活センターホームページ(新型コロナウイル
 ス関連特集ページ)もご覧ください。
      http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coronavirus.html