徳島老友新聞


徳島老友新聞は、徳島県老人クラブ連合会の機関紙として、昭和34年1月1日に創刊されました。以来毎月発行され、長年にわたり会員に親しまれています。

高齢者に関わる制度・施策の動向や暮らしに役立つ情報,各地域の老人クラブ活動等を紹介し,老人クラブ会員はもとより,多くの方に親しまれる高齢者の情報誌として,その内容の充実に努めています。

<バックナンバー>

号数(年月日) 特 集  
第686号(平成28年6月1日)  平成28年度県の主な老人クラブ関係施策について    見 る
第685号(平成28年5月1日)  平成28年度事業計画及び予算決まる    見 る
第684号(平成28年4月1日)  高齢者の交通事故が急増中!    見 る
第683号(平成28年3月1日)  住み慣れた地域で支え合うために    見 る
第682号(平成28年2月1日)  老人クラブを活性化しよう!     見 る
第681号(平成28年1月1日)  新年のご挨拶   見 る

内容
高齢者の暮らしに役立つ情報を中心に,各コーナーも充実しています。
(説苑) エッセイストとくしま会員等による論説・評論。
(わだち) 藤本七三夫氏の多彩なエッセー。
(絵はがきで見るふるさと) 篠原俊次氏所蔵の貴重な絵ハガキで綴る古えのふるさとを紹介するコーナー。
(わがクラブのイチ押し) 各クラブの自慢の活動を紹介するコーナー。
(老友ひろば) 投稿によるコーナー。各地域の行事やイベント,老人クラブの活動などを紹介。
(長寿の秘訣交通安全) 県警本部交通企画課からの高齢者の交通安全関連の情報コーナー
(老友文芸) 俳句・短歌・川柳において、毎月の歌題をもとに読者が投句,その優秀作品を撰者の評とともに掲載。
(身近な法律エッセイ)
※隔月掲載
中村和子氏による高齢者に関わる身近な法律問題を紹介するコーナー。
 
購読方法
・単位老人クラブには毎月お送りしています。老人クラブ会員の方は回覧などで読むことができます。
・個人購読を希望される場合は、1部90円(送料込み、年間1,080円)でお送りいたします。詳しくは県老人クラブ連合会までお問い合わせください。