タイトル:高齢者と子どもの手紙交流じぎょう
冊子:時を架けるこころの手紙
冊子:時を架けるこころの手紙
優秀作品・入選作品集
21世紀を担う子どもたちへの熱き思い
大賞1点・金賞1点・銀賞2点・入選8点(応募総数115点)
子どもたちからの返信の手紙
大賞3点・金賞3点・銀賞5点(応募総数280点)
 
 
 最近、青少年による様々な事件が多発していますが、これは少子化・核家族化の進行により、高齢者と子どもたちがふれあう機械が少なくなり、高齢者が長年にわたり培ってきた知識や人生を生きる上での英知などが、子どもたちの世代に十分に伝承されていないことが、原因の一つと考えられます。
 言葉は珠玉の宝石です。短い言葉の一つであっても、その言葉と出会うことにより、 どれだけ励まされ、勇気と感動を与えてくれるものか計り知れません。
 本事業は 20世紀を生き抜いた高齢者と、21世紀を生きる子供たちとの手紙のやり取り通じて、こころの世代間交流を、図るとともにこれらの優秀作品を一冊の本にまとめ、第16回全国健康福祉祭徳島大会地域文化伝承館において、メッセージパネルの展示や冊子の配布を行い全国に発信しようと、徳島県老人クラブ連合会が実施いたしました。
○平成13年度
平成13年7月
 
・「21世紀を担う子どもたちへの熱き思い」をテーマに高齢者から子どもたちへの手紙を募集。(応募総数115点)
 チラシはこちら
平成14年1月
  ・審査会 (入選作品、優秀作品決定
3月
  ・優秀作品集 「21世紀を担う子どもたちへの熱き思い」発刊
○平成14年度
平成14年7月
 
・『「子どもたちへの熱き思い」へ子どもたちからの返信』をテーマに子どもたちから手紙を募集。(応募総数280点)
 チラシはこちら
表彰式
表彰式 (平成14年11月10日徳島市藍場浜公園)
除幕式
除幕式
10月
  ・審査会 (入選作品、優秀作品決定
3月
 
・優秀作品集 「21世紀を担う子どもたちへの熱き思い」発刊

・表彰式及び大賞作品の発表
(第9回徳島県健康福祉祭ねんりんピック1年前イベントふれあいフェスティバルにおいて)
11月
  ・ねんりんピック残日計の除幕式に対象受賞者が参加
平成15年3月
  ・優秀作品集「時を架けるこころの手紙」発刊
     
   
○平成15年度
平成15年10月
 
・第16回全国健康福祉祭徳島大会地域文化伝承館内の特設コーナーを設置。パネル展示と冊子の配布を行う。