私は、粟飯原さんの言った言葉の中で、「絶えず自分探しをする努力」という言葉が心に残っています。粟飯原さんは、長い間生きてきた中で、一度しかない人生を大切にして、自分らしく生きてほしいと、私たち、若い人に教えてくれているのだと思います。
 粟飯原さんは、「後かいをしていない、責任転嫁はしない」と言っています。それは、すばらしいことだと思います。でも、今、友禅染めなどの工芸品作りに興味があったそうですが、昔は、戦争があったりいろんな勉強ができなかったりして、私の知らない苦労があったと思います。きっと、自分の思うようにならないこともあったと思います。それでも、粟飯原さんの時代とくらべると、私たちは夢をかなえる可能性があって、それは努力しだいだと思います。
 私は今、新体操をがんばっています。私の体が小さいことと、体がやわらかいということを生かして、習っているのですが、習いに行っている所も遠いし、宿題をする時間もないし、遊ぶ時間もほとんどなくて、いろいろ大変です。いつまで続けられるかも分からないけれど、好きでしているので、責任を持ちたいです。
 私もまだまだ先が長いので、やりたいことも変わってくるかもしれません。そんなときでも、ちゃんとアンテナを張って、後かいしないように自分らしく生きていきたいです。そして、たくさんの人と出会って、私にできることがあれば、自分から進んで協力したいと思います。